コンテンツへスキップ

ワキガかを判断するチェック項目

ワキガかどうかを判断するには、人の嗅覚で判断してもらうのが一番なのですが、自分で判断するには、汗をかきやすい腋の部分の箇所の衣類をチェックするとよいでしょう。ワキガであれば、着ている衣類に色が付くはずです。アポクリン腺から出る汗の場合、色素が混じっています。

衣類に黄色の汗シミが付いている人は、ワキガと判断できます。着ていた衣類に、汗シミができていても、色が付いていない人はワキガではありません。ただし、汗の色は時間経過によって変化するので、時間をおいて判断しないといけません。しばらくして色がはっきり出てきた場合、ワキガと判断していいでしょう。

衣類をチェックする場合、少し時間を置いてから衣類を見てみることです。このチェックにより、自分がワキガかどうかを確定することができます。

ワキガの人は、体毛が濃くてしっかりと生えている傾向にあるので、ワキ毛が普通の人よりも多い場合、ワキガの可能性が高いです。

そうした人は、毛穴が発達していて、ワキガの原因であるアポクリン腺も発達している可能性があります。ワキ毛の量が多く、色が付く汗シミがある人は、ほぼ間違いなくワキガでしょう。

ワキガ 原因
http://xn--v8jb1rx34k9nd.biz/