コンテンツへスキップ

胸を大きくする成分「エストロゲン」と生理痛の関係とは?

エストロゲンは胸を大きくすると評判の成分ですが、生理痛と関係があります。このホルモンは、女性らしさをつくるものであり、コラーゲンを増やして髪や肌にハリや弾力をあたえてくれます。また、皮下脂肪を増やして女性らしい身体をつくり、血行を促進してくれる働きもあります。

自律神経を整え、気持ちをリラックスさせてくれますし、骨を上部にしたり、善玉コレステロールを増やしたりしてくれる働きもあるのです。
しかし、このホルモンが過剰分泌されてしまうと、無月経になってしまったり生理痛、生理不順という月経異常になってしまいます。

エストロゲンは次の妊娠のために機能層を増殖させて厚みを子宮の中で持たせてくれるホルモンです。

しかし、過剰に分泌されると機能層が厚くなりすぎるため、古くなった機能層を剥がしたり子宮から出したりする時にとても大変です。その場合、月経が始まる時に関係のある生理活性物質もたくさん必要になってきます。

この生理活性物質は痛みの感度をあげてしまうので、生理痛が発生するようになってしまうのです。
胸を大きくする働きがあるエストロゲンですが、生理の時の痛みと深い関係があります。きちんと知っておくようにしましょう。

胸大きく