コンテンツへスキップ

冷え性改善に役立つ食品と栄養素

冷え性は女性に多い悩みです。
冷え性は漢方では未病という状態として考えられています。冷えは免疫力の低下や血行不良を招きます。放置しておくと健康や美容にもよくありません。
冷え性の改善には、食事の改善が大切です。
第一に摂るべきなのは、漢方で身体をあたためるといわれている食品群です。生薬としても有名なしょうがやシナモン、にんにくといったスパイス類、もち米などがおすすめです。牛肉や羊肉といった赤身の肉などもよいです。

また食材だけでなく、調理法も大切です。サラダやスムージーなど冷たいものは身体を冷やします。野菜をとるならば温野菜やスープがおすすめです。特にトマトやナスなど夏に取れる野菜は身体を冷やす働きがありますので、こうした野菜を採るときには特に注意が必要です。生食する場合でもせめて冷蔵庫から出してすぐに食べるのではなく、常温に戻してから食べるようにしましょう。
次に、西洋医学的な栄養素の面から見ていくと、血行の改善に役立つ成分が含まれているものがオススメです。
例えばビタミンEです。末端の血管を広げ、血行をよくしてくれる作用があります。ニンジン、ほうれん草といった緑黄色野菜のほか、青魚、くるみやごまなどのナッツ類などに多く含まれます。ビタミンEは脂溶性のビタミンですので、野菜の場合は油を使った調理法で取り入れるのがおすすめです。

冷え性改善