コンテンツへスキップ

うつ病と睡眠障害の関係性

うつ病になると、眠れない、眠りが浅い、早く目が覚めてしまうというような睡眠障害になる方も多いです。

若い方では逆に極端に眠ってしまう、過眠の症状が出ることもあります。不眠が続くと、うつ病を悪化させてしまう原因になりますから、早い段階で悪化を防ぐための適切な対処が必要になります。

逆に不眠が長く続いたためにうつ病になってしまうことがあります。眠れないとうつ病になる可能性が高くなるので、早めの段階で適切に対処することでうつ病になることを未然に防ぐことができます。

うつ病での睡眠障害のパターンは、夜ゆっくり眠れずに、朝、目が覚めてもすっきりしない熟眠障害があります。

もしくは、もっと眠りたいのに午前3時や4時に目が覚めてしまう早期覚醒があります。例えば、仕事によるストレスが強く、身体は疲れているのになかなか眠れないという場合もあります。

仕事による悩みやストレスに睡眠障害が加わってうつ病になってしまうというケースも考えられます。

このように眠れないこととうつ病はとても関連性が深いのです。眠れない程度で病院に行くのはどうかと考えてしまう方が多いようです。

しかし、悪化させてしまうとこのようにうつ病の原因にもなりかねませんから、早めに病院を受診するようにしましょう。

眠れない