コンテンツへスキップ

アトピーが原因の湿疹を抑える最新の治療方法とは?

アトピーが悪化すると、湿疹が出てくる場合も多いでしょう。一般的に、湿疹改善にはステロイド等の塗り薬で治療を行う医師が多いのではないでしょうか。しかし最近は、オーソモレキュラー療法という、薬に頼らない治療が注目を集めています。オーソモレキュラー療法は、良質なたんぱく質と脂質を中心とした、糖質制限を行う食生活を実践することでアトピー性皮膚炎を治療する方法です。

アトピー性皮膚炎の方は、消化管粘膜が弱い方が多いといわれています。そのため、食事での糖質制限が必要だといわれています。オーソモレキュラー療法を行うことで、最適な栄養を吸収し、食事改善をすることでアトピーの症状にアプローチをすることができます。また、オーソモレキュラー療法を行ううえで大切な栄養素が亜鉛だといわれています。

亜鉛が不足すると鬱の症状が出たりインスリン低下による低血糖症が起こる場合があります。亜鉛と一緒にビタミンAも摂取をすると良いでしょう。オーソモレキュラー療法を行うことにより、体質からアトピーの症状を緩和することができるのです。

アトピー原因