コンテンツへスキップ

うつ病になると、眠れない、眠りが浅い、早く目が覚めてしまうというような睡眠障害になる方も多いです。

若い方では逆に極端に眠ってしまう、過眠の症状が出ることもあります。不眠が続くと、うつ病を悪化させてしまう原因になりますから、早い段階で悪化を防ぐための適切な対処が必要になります。

逆に不眠が長く続いたためにうつ病になってしまうことがあります。眠れないとうつ病になる可能性が高くなるので、早めの段階で適切に対処することでうつ病になることを未然に防ぐことができます。

うつ病での睡眠障害のパターンは、夜ゆっくり眠れずに、朝、目が覚めてもすっきりしない熟眠障害があります。
... "うつ病と睡眠障害の関係性" を続けて読む

病院に行って処方箋をもらわなくても、ドラッグストアや薬局で入手できる睡眠薬ドリエルの特徴についてです。

眠りが浅いなどの一時的な不眠に効果を発揮する特徴があります。効き目の成分は、ジフェンヒドラミン塩酸塩です。ジフェンヒドラミン塩酸塩は、アレルギー症状を抑える薬に使われていますが、眠気をもよおす成分があり、応用してドリエルが作られました。風邪薬などを飲むと眠くなる場合がありますが、ドリエルで得られる眠気は同様の眠気ということになります。

睡眠薬ドリエルは、脳におけるヒスタミンの働きを抑え、一時的な不眠を改善します、添加物として、クロスカルメロースNa、無水ケイ酸、セルロース、乳糖、ヒドロキシプロピルセルロース、ヒプロメロース、マクロゴール、ステアリン酸Mg、タルク、酸化チタンが含まれます。ドリエルの配合成分の副作用は、風邪薬を飲んだときと同じような症状です。

具体的には、喉の渇き、便秘、胃部不快感、目のかすみ、めまいを感じる場合もあります。ドリエルは正確に言うと、睡眠薬ではなく眠気をもよおすお薬です。

一時的に眠りにくい場合には有効ですが、ドリエルに依存しすぎて常用するのには向きません。