コンテンツへスキップ

口臭と疾患の関係は、かなり深いつながりがあるので、見過ごすわけにはいきません。口臭は様々な内臓疾患と関係があります。内臓疾患が口臭の原因になることは少ないのですが、内臓疾患が原因の場合、疾患を治さないと、口臭は消えません。口臭と胃の調子は関連すると昔からよく言われます。

胃が原因の口臭は、胃潰瘍や慢性胃炎など胃の病気と大きく関わっています。胃の機能が悪くなると、食べ物をうまく消化できなくなるので、腐乱臭が発生しやすくなります。

口臭は、肝臓病とも関係しています。肝臓の調子が悪いと、タンパク質や糖質、アルコールなどの代謝がスムーズにできなくなるので、それがきつい口臭となって現れることがよくあります。

肝臓が悪くなると口臭だけでなく、体全体からもキツい臭いを発するようになります。口臭は、肺や気管支の病気とも関係していて、吸器官系の病気になると、口臭かきつくなります。

呼吸器疾患に伴う痰や膿が口臭の原因になります。息を吐いたり吸ったりする場所なので、強い口臭を生じやすいのです。生活習慣病の1つである糖尿病も口臭と関係しています。糖尿病は、口臭や体全体の臭いをきつくしてしまいます。

口臭予防